フェルガードの効果や口コミ、成分、価格、副作用などの情報を解説しています。フェルガードは、「見る」「聞く」「覚える」「考える」といった知的活動を活発化させるフェルラ酸を主成分とするサプリメントです。知的な健康に関心のある中高齢者の方にお勧めです。
コンテンツ
  • HOME »
  • コンテンツ »
  • フェルガードの詳細

フェルガードの詳細

フェルガードに含まれる成分

フェルガードに含まれる成分について紹介しましょう。

 

フェルガードに含まれる成分はフェルラ酸、ガーデンアンゼリカ、バコパモニエラ、茶葉抽出物、ビタミンC、ビタミンEです。フェルガードの種類によって成分の組み合わせや配合の割合が変わります。

 

こうしたフェルガードの成分のなかからフェルラ酸についてくわしくまとめてみました。

 

フェルガードの成分のひとつであるフェルラ酸は米ぬかから抽出されるポリフェノールの一種です。フェルラ酸はいろいろな穀物が含有する成分で酸化防止剤としてのはたらきもあります。

 

以前の日本人はフェルラ酸が含まれている米ぬかや玄米を口にするのが一般的でした。今は精米技術が向上したことや食生活が変化したことなどからフェルラ酸を摂取する機会がほとんどなくなっているのです。

 

では、フェルラ酸にはどんな効果があるのでしょうか。

 

フェルラ酸には抗酸化作用、美白などの美容作用、大腸がんの発がん抑制作用、血糖値や血圧の降下作用などさまざまな効果がありますが、とくにフェルガードに活かされている効果が脳機能改善作用です。

 

フェルガードに含まれるフェルラ酸はフェルラ酸そのままの状態で配合されているものとフェルラ酸包接体といわれる状態に加工した状態で配合されているものとがあります。

 

フェルラ酸包接体とはフェルラ酸をトウモロコシ由来のオリゴ糖でナノカプセル化したものです。通常のフェルラ酸は体内に長くとどまりません。でもフェルラ酸包接体になると体内に長くとどまることができ、体内にはたらきかける時間をのばすことができるのです。

 

フェルガードにはさまざまな技術が利用されているのですね。

うつ病とフェルガード

フェルガードで改善が期待される認知症とうつ病との関連を考えてみます。

 

フェルガードは認知症の症状改善が期待できる栄養補助食品ということで関心が持たれています。認知症とうつ病は混同されることも多いのですが、認知症の方がうつ病を発症するケースもあります。

 

最近関心が高まってきているうつ病ですが、あらためてうつ病についてまとめてみました。

 

周期的にうつ状態になるといったケースでは、本人にうつ状態になっている自覚があることが少なくありません。こうしたケースでは一般に抗うつ剤が処方されて改善できることが多いと考えられます。

 

うつ状態になるのに何かきっかけがあるというケースもあります。たとえば、近しい人との死別や離別、転居などの環境の変化といったことがうつ状態をひきおこすきっかけとなることもめずらしくありません。こうしたケースでは抗うつ剤の服用と並行して精神療法を取り入れていくのが効果的だとされます。

 

また、うつ状態になるのはごく日常的に起こりうることなのです。先に書いたように家族との死別などがきっかけとなってうつ状態が引き起こされたりします。でも一般にはこうしたケースでは早ければ数時間、長くて数日でうつ状態はいつの間にか消えてしまいます。いわゆる「日にち薬」で自然に良くなるわけです。

 

認知症の人がうつ状態に陥る原因のひとつが認知症の症状について自分を責めることです。物忘れがひどい、考えがまとまらない、といった認知症の症状を本人が自覚することでうつ状態になってしまうのです。

 

また、健康な人のうつ状態は認知症の危険因子となる可能性があるという報告もあります。

 

雑誌やテレビなどのマスコミでフェルガードが取り上げられることも多いですね。フェルガードは口コミからもその効果が広く知られるようになった栄養補助食品です。神経の健康に不安を感じたらフェルガードを試してみると良いかもしれません。

認知症とフェルガード

フェルガードは認知症の症状を改善する可能性が期待できる栄養補助食品です。フェルガードは栄養補助食品ですが大学病院やクリニックといった多くの医療機関で認知症患者さんに使用され、その効果についてデータを収集している、信頼性の高い製品なのです。

 

もちろん日常生活のなかで気になる記憶力や集中力の低下を予防したり改善したりするためにフェルガードを利用することもできます。でも認知症の症状軽減という効果を期待してフェルガードを利用している方も多いのです。

 

ところで認知症についてあらためてまとめてみたいと思います。

 

フェルガードで症状改善が期待できるとされる認知症ですが、年齢を重ねるにつれて気になることが多くなるもの忘れとは別のものです。認知症は脳の神経細胞が消失することによって発症します。そのため認知症が発症すると脳の認知機能が低下して記憶力や判断力といった能力が正常に働かなくなり、日常生活にも支障がでてきます。

 

認知症といっても種類はいろいろあります。アルツハイマー型認知症、若年性認知症、レビー小体型認知症などはその一部です。

 

認知症の初期症状として一般的なのがもの忘れです。なかにはうつ病ではないかと思われるような意欲の低下といった症状がおこるケースもあります。

 

記憶力、集中力、判断力といったことに不安を感じるようなら専門の医療機関を受診すると安心ですね。医療機関によってはフェルガードを取り扱っています。必要に応じて症状に合ったフェルガードを紹介してもらうと良いのではないでしょうか。

Page 2 / 3123
PAGETOP
Copyright(c) フェルガードの効果、口コミ、価格など解説  All Rights Reserved.
※当サイトのテキスト・画像等の全素材は、著作権法で保護されている著作物です。「フェルガードの効果、口コミ、価格など解説」(http://www.mj23.info/)に使われている全素材の著作権は、本サイト管理者に属します。当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売、無断配布を固く禁じます。