フェルガード100Mはフェルガードのメディカルサプリシリーズのなかの一つです。フェルガード100Mは顆粒タイプのサプリメントになっています。

 

フェルガードは一般向けにも販売されている商品がありましたが、2013年12月現在では販売を終了しています。そして今も販売されているのがフェルガードのメディカルサプリシリーズです。

 

フェルガード100Mはこのメディカルサプリシリーズに入っているので医療機関で相談すれば購入することができます。

 

フェルガード100Mに配合されているのはフェルラ酸、フェルラ酸包接体、ガーデンアンゼリカ抽出物、ビタミンC、そしてビタミンEです。

 

フェルラ酸というのは神経細胞が死んでしまうのを抑制する効果があるとされ、アルツハイマー型認知症の症状の改善に有効です。また、ガーデンアンゼリカは神経の再生に効果がありますが、副作用として興奮や下痢といった症状が出る可能性があります。

 

フェルガード100M1包あたりに配合されている成分をみてみましょう。フェルラ酸100㎎に対してガーデンアンゼリカはおよそ20㎎という比率です。ガーデンアンゼリカの割合が少ないので抑制系薬剤として認知症治療に使われます。

 

フェルガード100Mは認知症専門の医療機関ではどのように処方されているのでしょうか。フェルガード100Mは抑制系薬剤という性質があるので興奮性が見られる認知症の改善のために使われています。興奮性の度合いによってフェルガード100Mの服用量を増やすという処方がされることもあるようです。

 

フェルガード100Mの服用によって興奮性がおさまり、言動が穏やかになる、表情が明るくなる、先進的に落ち着いて会話も可能になる、といった効果が報告されています。





カテゴリー : フェルガードの概要