フェルガードは認知症の症状を改善する可能性が期待できる栄養補助食品です。フェルガードは栄養補助食品ですが大学病院やクリニックといった多くの医療機関で認知症患者さんに使用され、その効果についてデータを収集している、信頼性の高い製品なのです。

 

もちろん日常生活のなかで気になる記憶力や集中力の低下を予防したり改善したりするためにフェルガードを利用することもできます。でも認知症の症状軽減という効果を期待してフェルガードを利用している方も多いのです。

 

ところで認知症についてあらためてまとめてみたいと思います。

 

フェルガードで症状改善が期待できるとされる認知症ですが、年齢を重ねるにつれて気になることが多くなるもの忘れとは別のものです。認知症は脳の神経細胞が消失することによって発症します。そのため認知症が発症すると脳の認知機能が低下して記憶力や判断力といった能力が正常に働かなくなり、日常生活にも支障がでてきます。

 

認知症といっても種類はいろいろあります。アルツハイマー型認知症、若年性認知症、レビー小体型認知症などはその一部です。

 

認知症の初期症状として一般的なのがもの忘れです。なかにはうつ病ではないかと思われるような意欲の低下といった症状がおこるケースもあります。

 

記憶力、集中力、判断力といったことに不安を感じるようなら専門の医療機関を受診すると安心ですね。医療機関によってはフェルガードを取り扱っています。必要に応じて症状に合ったフェルガードを紹介してもらうと良いのではないでしょうか。





カテゴリー : フェルガードの詳細