フェルガードに含まれる成分について紹介しましょう。

 

フェルガードに含まれる成分はフェルラ酸、ガーデンアンゼリカ、バコパモニエラ、茶葉抽出物、ビタミンC、ビタミンEです。フェルガードの種類によって成分の組み合わせや配合の割合が変わります。

 

こうしたフェルガードの成分のなかからフェルラ酸についてくわしくまとめてみました。

 

フェルガードの成分のひとつであるフェルラ酸は米ぬかから抽出されるポリフェノールの一種です。フェルラ酸はいろいろな穀物が含有する成分で酸化防止剤としてのはたらきもあります。

 

以前の日本人はフェルラ酸が含まれている米ぬかや玄米を口にするのが一般的でした。今は精米技術が向上したことや食生活が変化したことなどからフェルラ酸を摂取する機会がほとんどなくなっているのです。

 

では、フェルラ酸にはどんな効果があるのでしょうか。

 

フェルラ酸には抗酸化作用、美白などの美容作用、大腸がんの発がん抑制作用、血糖値や血圧の降下作用などさまざまな効果がありますが、とくにフェルガードに活かされている効果が脳機能改善作用です。

 

フェルガードに含まれるフェルラ酸はフェルラ酸そのままの状態で配合されているものとフェルラ酸包接体といわれる状態に加工した状態で配合されているものとがあります。

 

フェルラ酸包接体とはフェルラ酸をトウモロコシ由来のオリゴ糖でナノカプセル化したものです。通常のフェルラ酸は体内に長くとどまりません。でもフェルラ酸包接体になると体内に長くとどまることができ、体内にはたらきかける時間をのばすことができるのです。

 

フェルガードにはさまざまな技術が利用されているのですね。





カテゴリー : フェルガードの詳細