フェルガードで改善が期待される認知症とうつ病との関連を考えてみます。

 

フェルガードは認知症の症状改善が期待できる栄養補助食品ということで関心が持たれています。認知症とうつ病は混同されることも多いのですが、認知症の方がうつ病を発症するケースもあります。

 

最近関心が高まってきているうつ病ですが、あらためてうつ病についてまとめてみました。

 

周期的にうつ状態になるといったケースでは、本人にうつ状態になっている自覚があることが少なくありません。こうしたケースでは一般に抗うつ剤が処方されて改善できることが多いと考えられます。

 

うつ状態になるのに何かきっかけがあるというケースもあります。たとえば、近しい人との死別や離別、転居などの環境の変化といったことがうつ状態をひきおこすきっかけとなることもめずらしくありません。こうしたケースでは抗うつ剤の服用と並行して精神療法を取り入れていくのが効果的だとされます。

 

また、うつ状態になるのはごく日常的に起こりうることなのです。先に書いたように家族との死別などがきっかけとなってうつ状態が引き起こされたりします。でも一般にはこうしたケースでは早ければ数時間、長くて数日でうつ状態はいつの間にか消えてしまいます。いわゆる「日にち薬」で自然に良くなるわけです。

 

認知症の人がうつ状態に陥る原因のひとつが認知症の症状について自分を責めることです。物忘れがひどい、考えがまとまらない、といった認知症の症状を本人が自覚することでうつ状態になってしまうのです。

 

また、健康な人のうつ状態は認知症の危険因子となる可能性があるという報告もあります。

 

雑誌やテレビなどのマスコミでフェルガードが取り上げられることも多いですね。フェルガードは口コミからもその効果が広く知られるようになった栄養補助食品です。神経の健康に不安を感じたらフェルガードを試してみると良いかもしれません。





カテゴリー : フェルガードの詳細